135mmを海へ連れてった

Posted on by しんちゃん

 こんばんは、しんちゃんです。
 ブログをおやすみして、気分転換。こんな写真をとっていました^^



 昨日は夜も眠れたし天気も良かったので

を海に連れていって上げたのよ^^
 レンズが77mmとでかいので、ハウジングは高いだろうなぁと。なのでこいつで何とか。

DiCAPacα(ディカパックα) デジタル一眼レフカメラ専用防水ケース WP-S10

価格:14,710円
(2012/4/9 19:35時点)
感想(0件)


 レンズのボディーの最大径は85mmあるので買った時も入るか不安でしたが、実際にWP-S10に入れた所、少しゆとりがありました。でも、マニュアルフォーカスが出来るほどのゆとりはなく、オートフォーカスに頼ることになったのですが、全然ピントが合いません。誤動作が頻繁におきるし、カメラ自体は密封されてるから熱がこもりやすいし、直射日光も手伝って、いろんなところがホッティーになっちゃいました。うまくはハマれば、最高のボケ具合の写真がとれるんだろうけどなぁ。まだまだ研究の余地が沢山です。
 行った海は、備瀬崎。沖縄美ら海水族館から灯台が見えますが、そこら辺のことです。多分、備瀬崎の海に入るのは3年ぶりぐらい。一眼レフの初入水ということもあり、かなり緊張しましたが、美しい自然が残る備瀬崎ならと勇気100倍です。
 地図はこちら

 備瀬は、沖縄本島では数少なくなった昔の沖縄の姿を残す福木にあふれた場所です。また備瀬崎から今帰仁にかけては護岸工事も行われていない手付かずの海岸線も多く、ウミガメの産卵も盛んです。このまま、自然が残りますように。
 備瀬といえば、【古民家の宿・お食事処ちゃんやー】さんが有名です。
 次は長浜ビーチで写真撮影に挑戦したいです。北風やめよーーーー^^
恥ずかしながら、写真ブログランキングにも参戦してみました。
まだまだ、未熟な腕ですが応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村