MountainLionとXcode4.4でnode.js

Posted on by しんちゃん

 こんちは、しんちゃんです。
 真新しい Mac mini に Mountian Lion ちゃんを入れ、過去に積み上げたいろいろな設定とおさらばしたが、やはり必要にかられるもので… 思い出すのに一苦労。もう使わない設定がすっきりクリアーされたので、それはそれでいいのかも。



 今日は愛用のさくらVPSに node.js サーバーを立ち上げるためにローカルのテスト環境を構築。Mac OSX Mountain Lion(10.8) beta3 に node.js 入れるときにちょこっとはまったぁ(,,゚Д゚) のでメモφ(`д´)です。
 まず、Mountain Lion に node.js を入れるのに
  MacPorts
  Xcode4.4 beta(今は4.4は抹殺され4.5プレビュー版がMacDevにて配布中)
 を使った。
 取っ掛かりはMacPortsは.pkg版を試したが10.7じゃないとダメ!!と、はねられたのでソースを Download してコンパイルしてインストールすることに。前途多難だ。ソースコンパイルでインストールなんて、PHP3以来だよ。ちょっと温室育ちすぎかな。
 で、MacPortsをダウンロードして、ホームファルダ下に展開 (/users/ユーザー名/ ね)
 MacPortsのサイトに書いてある通り

  • cd MacPorts-2.1.1
  • ./configure && make && sudo make install

 を実行。はいエラー(TT
 Xcode4.3以降はコマンドラインで実行する開発環境は別配布。自分でダウンロードしないといけないのある。
 ってこと、Xcodeをたちあげて、メニューの「Xcode」「Preferences」「Downloads」「Command Line Tools」の「Install」ボタンをぽちっとな。我町もとぶ町はADSLなのでお時間かかります。待つことしばし
 ダウンロード終了。もう一度

  • cd MacPorts-2.1.1
  • ./configure && make && sudo make install

 でMacPortsインストール終了。意外とあっさり。
 続いてホームフォルダーの .bash_profile(ない場合は作成) にMacPortsの PATH を通す。
 やりかたは【こちらのサイト】がわかりやすい
 要は vim つかって

  • PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:
  • MANPATH=/opt/local/man:

 をかけと言うことだ。
 次にMacPortsのアップデート

  • $ sudo port selfupdate

 そいでもってnode.jsのインストールのコマンド

  • $ sudo port install nodejs

 おっと、打ち込んじゃった?結構エラーが出るのだ。
 そもそも、何もできてなかったり、python27が無いと言われたり、ファイルのエンコードが違ったりして先に進めなかったりと結構手こずった。しかも文献が見当たらない。泣きたかったが異国の言葉を紐解きながら何とか進んでみたぞ
 ってことで、回避するために打ち込んだコマンドだ。

  • $ sudo xcode-select -switch /Applications/Xcode44-DP4.app/Contents/Developer
  • $ sudo xcodebuild -license
  • $ sudo port -v install python27
  • $ sudo port select python python27

 いや、お恥ずかしい話、ターミナルのログを取り忘れててね。どんなエラーだったか詳細がわらないのだ。すまぬ。
 python27というか、python(v2.7.2)はXcode Command Line Toolをインストールした時点でMacの中に存在していたが、なぜか動かなかったのでMacPortsでインストールをかました。その時に、ライセンスがどうのこうの言われた記憶がある。
 それから、
 Error: reinplace: sed: RE error: illegal byte sequence
 というエラーが出た場合はファイルの文字コードの問題だろう。
 今回の場合
 /opt/local/var/macports/build/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_tarballs_ports_devel_nodejs/nodejs/work/node-v0.6.19/tools/scons/scons-local-1.2.0/SCons/compat/_scons_shlex.py
 というPython用のプログラムが IOS Latin 1(ISO 8859-1)で保存されていたために動かんかったようだ。TextWranglerで文字コードをUTF-8に変化した。Mountian Lion では TextWrangler の挙動がたまにおかしくなる、このあたりはまた時間を作ってレポします。
 先のフォルダーは書き込み制限されてるので、アプリから直接の置換はできないかもしれません。一度、新規で保存して、上書きすると認証を経て保存できました。
 再度、node.jsのインストールコマンドを打ち込んで

  • $ sudo port install nodejs

 インストールは完了。
 確認のため node -v でバージョンが表示されればOK
 悪戦苦闘だったが、これで新しい人生が待っているかと思うとワクワクするね。
 次はさくらVPSにインストールしなくちゃね。
 おわり。
 ☆アプリやコンテンツを使って地域情報を発信していく
 Facebook 「沖縄美ら海水族館周辺情報局」をよろしくぽちっと御願いたします。
 いいね!を押して情報GET!だぜ—>

 更新の励みになりますのでポッチ、お願いいたしますm(__)m


 ☆写真べースの地域活性プロジェクトのGoogle+Page
沖縄美ら海水族館周辺情報局」はこちらからサクってね

 個人フォロワー700人超えました\(^o^)/
 もうすぐ、800目指してがんばるんばー
 個人のフォロワーはサクリ返し積極的に行なってますよー
 サクってサクって水族館好きのサークルつくりたーい^^