ひさしぶりの観戦。スタンドは満員。惨敗でござるが良い点もあったわね

Posted on by しんちゃん

 昨日、今日と観戦することが出来ました。昨日は、1塁赤田選手、本日は、1塁西川選手が守備についていることに面食らってしまいましたが、チーム事情を考えると仕方が無いのかと思いつつも、今年は世代交代の仕切り直しがテーマなのに、直近を考えすぎていることに来季への不安がすこし垣間見えてしまいます。

 今年の総評は順位確定後に書くとしまして、とにかくこの二試合、GAORAの解説がかなり厳しい口調だった印象が強かったです。言ってることは正しいと思ってます。が、野球はそんなに甘くはないのが現実かもしれません。若干気になるのは、ため息を音声にのせないほうがいいかなと思います。

 今日は、金子誠選手が久しぶりのスタメン。多くの人が「誠」の文字を掲げているのが映ると僕はそこがとても重要な気がします。ファン心理は人それぞれなので僕の持っている考えが正解ではないことは付け加えておきたいと思います。

 西川選手のセカンドでのグラブさばき、だいぶ上手になりましたね。身体をうまく回しながら的確な位置に投げれるようになったので、相当に気合を入れて練習をしていることがわかります。なのに、今日、一塁だったのが、とても残念。しかも、ショートはチーム内で一番経験を持っている誠さんだったのに。中島選手が調子がいいので使いたいのはよくわかりますが、そこは、ブレが生じていると思います。アブレイユ選手って一塁守れませんでしたかね??ホフィーは退団でしたね。

 栗山監督にはぜひ「有言実行」を貫きコーチに負けない態度で挑んでほしいものです。批判じゃないよ。

 直近でやらなければいけないことは、田中賢介2世を造ること。数年内に、小谷野栄一2世を造ること。このままでは、糸井選手を放出したのが無駄になってしまいます。常勝軍団に居続けるためには、世代交代をいかにスムーズに行えるかなので、ファイターズには頑張って欲しいですね。

 エラーが目立ちますが、そこまで気にしてません。金村氏が言うように、不慣れなポジションを守らしてるのはチーム事情からなので、そこからほころびが出るのは今は仕方がないと思います。ランダウンプレイに吉川投手が参加しなければいけない時点ですでに破綻しているのです。

 それよりも何よりも、全力プレーのほうが気になります。詳しくは順位確定後に書こうかなと思いますが、こんなプレーがあったというのは、メモとして書き残しておこうと思います。

 2アウトで打者が内野フライを打った場合、ランナーはアウトのジャッジがあるまで全力で走り続けるのが去年までのファイターズでした。昨日見てると、1塁走者が2塁塁上で止まって捕球を見ていました。僕は、全力で走り続けるファイターズに勝つ気を感じずにはいられません。

 ちょっと、批判じみた感じになってしまっているかと思いますが、やっぱり、選手が成長していることに喜びを感じるし、負けてたって、勝とうとする気持ちで前向きな全力でプレーしてれば握手で向かいれてあげようと思います。

 そういう意味では、投げ負けはしたけれども吉川投手はよくやったと思っています。来季復活に向けて調整に入ってよいかと思います。ダル君が光夫にチャンスをくれたように、光夫もファームの人たちにチャンスをあげて欲しいですね。のこり12試合で7.5ゲーム差を詰めてCS出場ってのは、不可能ではないけど、チーム状態を考えると現実的ではないので、来季のために準備を進めて良いと思います。ファームから上がれる人がいないと、来年も厳しいのだから。