7回裏の明暗、つながるオリックスとつながらないファイターズ

Posted on by しんちゃん

 今日は、作業しながら観戦。残念ながらの大敗でした。

 この時期、最下位を爆走すると色んな話が出てきますが、二岡選手の戦力外報道にそわそわ。数日内に話し合いがもたれるということで、おそらくは足のこともあるので引退となると思います。シーズンが終わって引退という報道だけならそわそわもしないですが、誰がリークしてるんでしょうね。

 ちなみに、代打率ってのがありまして、監督が代打を送った時に安打を打った率になります。犠牲フライとか含む、代打成功率ではありませんが、今年のファイターズは極端に低くなっています。楽天と比較してみましょう。

 2012年代打率
 ファイターズ .273
 イーグルス .183

 2013年代打率
 ファイターズ .186
 イーグルス .293

 .273から.183にガクンと落ちています。今年のイーグルスは3割近くになっており、采配もズバリ的中といわれてもいいぐらいの率ですね。率だけ見るとわかりませんが、ファイターズは、188回代打を送っていますが、イーグルスは、58回しか代打を送っていません。

 都市伝説的に言われる、打順を固定できるチームを強いってのをまさに表現しています。ちなみに、去年は打順の組み換えが激しいなか、ファイターズは優勝したことは付け加えておきましょう。

 田中将大投手が異次元の活躍で大きくクローズアップされてますが、楽天の今年の強さは全体的な力の底上げがあったというのがデータ的にもはっきり出ていると思います。

 ちょっと話がずれていきましたが、去年は吉川投手の活躍が大きくクローズアップされている裏で、二岡選手の活躍を見逃してたところは大きいのかもしれません。

 このまま、戦力外となっった時に、誰が代打になりますかね?と考えた時、経験値的には、金子選手になってくるでしょう。さらにそれを考えると、金子選手を代打を主にしなければ、ショートとセカンドの固定化がなかなか進まないということに辿り着き、仮に二岡選手が打率良かったらどうなるんだろうとこれまたそわそわしてしまいます。

 いやぁ、野球界って一寸先は闇ですねぇ。

 さて、本日の試合のお話に戻りますが、打つ方はあまりよい感じではありませんでした。守る方はエラーもありましたが、今浪選手の三遊間の深いところからのワンバウンド送球でアウトに仕留めたのは、よっしゃーと叫んでしました。ボールを取ってから、投げるまでの無駄が全くないリプレイを食い入るように観てしまいました。

 あと、西川選手もすげープレー見せてくれました。ボテボテの内野安打級のボールに走りこんで体制を崩しながらもファーストにしっかり送球しアウト。これまた食い入るようにリプレイを観てしまいました。

 ただ、7回裏に起きた無警戒でセーフティースクイズを決められてしまったところはいただけません。この、スクイズをみるに、オリックスはつなげる為の努力をやろうと頑張っているのが伝わってきます。どちらも今季はつながり泣いたチーム。来年、どう改善してくるのか、楽しみでなりません。イ・デホ選手にはぜひオリックスに残っていただいきたいです。

 大塚投手は難しい場面での登板で、そのまま飲み込まれてしまいました。甘く入ってしまったところに、それを見逃してはくれないバッターということで撃沈です。多分ですが、マウンドの斜傾を上手につかみとる能力ってのも重要なんだと思います。

 そいから、中嶋捕手、実働27年達成です。この人ほんとすげーやと今日は思いました。なんていえばいいんかなぁ、乾投手に、ブルペンで投げてるように投げたらええんやでという空気を作り出してたような気がしました。もしかしたら、来年は正捕手争いに参戦するかもしれないので、良いアピールになったことでしょう。それはないか。

 あと、2日に佑ちゃんが登板確定らしいですね。吉井コーチのおっちゃんも喜んでいることでしょう。佑ちゃんのことになると、おっちゃんのブログの記事のテンションが変わりますね。

 おっちゃんは佑ちゃんの怪我に関しては本当に悔やんでます。きっと、2日の試合も見届けることでしょう。

 とりあえず、Bクラスは確定しました。あ、Facebookの公式ページは観るのやめました。ファンの形はそれぞれなので、ぼやくことに異は唱えませんが、人の心を踏み外してないかどうかは、冷静になって読みなおしてから送信を押したほうがいいと思うなぁ。