飛びます、統一球!!野球の勝ち方変わります。知っていたのは誰ですか?

Posted on by しんちゃん

 本日、プロ野球に関する、非常に重大なニュースが流れて来ました。開幕からすでに55試合以上を消化している状態での衝撃的な事実発表にざわつかずにはいられない。いまさらなのかもしれませんが…. 「NPB白状…統一球こっそり変えてた

 少し、引用が多いです。

 日本野球機構(NPB)と労組日本プロ野球選手会(会長=楽天嶋基宏)の事務折衝で選手会側から導入3年目となる統一球が「昨年より明らかに飛んでいる」との指摘を受けたNPB側は、昨年までが「飛ばなすぎるボール」であったことを明かし、微調整を加えていた事実を認めた。

 え、つまり、去年まで間違えてたってこと?そんなバカな。何にしても去年までとは違うとようやく認めたわけです。

 嶋会長は「明らかに本塁打数も3割打者も増えている。逆に投手の防御率は悪くなっている」と、事情説明を求めた。これに対し、NPB下田事務局長は、過去5年間の反発係数のデータを示して、今季から微調整を加えた新たなボールを使用している事実を明らかにした。

 データは嘘をつきませんからね。

 開発された統一球は下限(0・4134)に近づけて製造され、11年シーズンから導入された。ところが、NPBがシーズン中に行う検査で、昨年は下限を下回る数値を示していたことが分かった。

 いや、まて、一昨年の数値はどうした。まず、2011年の開幕前に数値検査をしてなかったってことなのか?

 今年の2度(4月と6月)の抜き打ち検査の平均値は「0・415~0・416」を示しているという。下田事務局長は「加藤コミッショナーにも相談して進めた」と話した。

 つまり、今年も事前にチェックをしていなかったということなんだな。

 NPBはミズノ社に対し、統一球に関する問い合わせに「全く変わっていない」と答えるように指示していた。

 そもそも、報道の事を気にするよりも選手のことを気にしろよ。

 下田事務局長は「我々はあくまで微調整という認識だった。知らせれば混乱を招くと思ったが、知らせないことで混乱を招くと言われれば、そういうこともあるかもしれない」と釈明した。思わぬ形で再燃した統一球問題。今後の行方が注目される。

 「そういうこともあるかもしれない」とは何事だ。現実にあるのだ。

 残念ながらNPBの方々が野球を全くわかっていなくて経営をしているというのが露呈した形と言わざるをえないだろう。このブログのタイトルを「白球という生き物」に変えたのは、野球において中心に居るのが「ボール」だからこそだ。ちなみにしんちゃんも、まだまだ野球がわかっていないのは事実だが。

 間違っても「たかがボール」ではないのだ

Continue reading飛びます、統一球!!野球の勝ち方変わります。知っていたのは誰ですか?

江夏豊、豪腕・二十歳のエース、昭和43年2月のキャンプがすべて

Posted on by しんちゃん

 野球学を学ぶ上で、偉大なる野球人の話を追いかけていく、シリーズ「野球人の教え」

 第一回は、江夏豊投手にスポットを当てる。江夏豊投手といえば、1979年11月4日に大阪球場で行われた近鉄バファローズでの「江夏の21球」があまりにも有名。しかしながらしんちゃんは、腹の出たおっちゃん程度の認識であった。

 江夏投手は、甲子園に出場をしていないが、超高校級の逸材で昭和41年のドラフト会議で4球団から指名されている。砲丸投げで鍛えた豪速球投手。しかし、豪速球しか投げられないという大きな弱点も持っていた。

 昭和42年のシーズンは阪神タイガースの得点力不足に泣くこととなる。しかし、彼の優れたところは逆境をバネに出来るところだろう。自分の持つ力でファンを楽しませるにはどうすればよいのか、ということを考えだしたのである。それが奪三振王を狙うということ。

 150Km/h前後の豪速球で次から次へと三振を奪っていき、シーズンで225奪三振を挙げて最多奪三振を記録、コントロールに課題があり88個のフォアボール、1試合平均に1被本塁打をあびるといった課題も残したが、高卒ルーキーが奪三振王を達成したこと自体、すでに偉人の粋に達している。

 翌昭和43年2月のキャンプで、江夏氏は林義一コーチと運命的で出会いを果たす。この出会いで、砲丸投げから学んだ腕力で投げる「担ぎ投げ」を修正することになる。担ぎ投げは、肘の関節で投げるといっても過言ではない投法で、肘への負担が大きくなり早々に故障をするというリスクが大きい。この時すでに、江夏氏は肘の痛みをうったえてたそうだ。

 林氏は江夏投手に、腕全体を使ったしなりのなる投げ方を教えこむのである。これにより、体力勝負で投げていた投球が劇的に変化し、球数が増えても疲れない事を理解し、投手とは「正しいフォームによる力強い」と、「勝負度胸をささえる自信」が投手にとって不可欠だということを知る。

よみがえる熱球-プロ野球70年- 第6集 豪腕・二十歳のエース-1 」09:30あたりからその分の話が始まる。この林義一氏の投球解説は非常にためになるので、小さなお子様にもぜひ見てもらいたい。

 江夏氏はこのキャンプで、3000球を投げ込んだという。その中で、自分が投げているボールの中でも、特にキレのある活きているボールを投げる方法を見つけだすことになる。これが、江夏豊投手の投球術を定めるものとなった。

 さらに、このキャンプで、一年目には投げれなかったカーブをも取得する。フォームを変更に成功したことにより、ストレートと同じ腕のふり、同じ肘の使い方で手首だけをひねって投げる、変化は少ないが豪速球と相性の良いカーブを手に入れたのである。

 同じ腕のふり、同じ肘の使い方はプロ野球ではとても大切だ。日本の野球「スモールネースボール」において、「癖」を見抜かれるということは致命傷につながりかねない。逆に、白球のリリースポイントが全く同じで球速、軌道が変わる、それだけでも大きな武器となる。
 (最近では、意図的にリリースポイントを変える投手もいることを言い添えておこう。)

 事実、江夏投手はこの年401奪三振を奪う。世界記録には認定されていないが、あの、ノーラン・ライアン(リリースポイントを意図的に変える投手が所属する球団のオーナー)をも上回る数字である。

 江夏豊投手は、今後も野球学を勉強するにあたり、重要な人物であることは間違いないだろう。そのターニングポイントとなったのが「昭和43年2月のキャンプ」での林義一氏との出会いで、もし、それがなければ肘を壊していた可能性が高かったというのが今回のお話である。

 参考文献

よみがえる熱球-プロ野球70年- 第6集 豪腕・二十歳のエース-1

よみがえる熱球-プロ野球70年-…

Continue reading江夏豊、豪腕・二十歳のエース、昭和43年2月のキャンプがすべて

開幕前にWBCと野球学

Posted on by しんちゃん

 こんばんは、しんちゃんです。

 明日はいよいよ、プロ野球開幕です。我らがファイターズは言うまでもないかもしれませんが、埼玉西武ライオンズと西武ドームで激突です。先発はもちろんこの男、武田勝投手です。

 そして注目は、大谷選手がライトで開幕を迎える可能性が高い事、WBCで成長して帰って来た中田翔選手、陽岱鋼選手の外野トリオです。その平均年齢は22歳とフォレッシュな感じでございます。

 先日、吉井理人氏の「投手論」出版記念ハングアウトがありました。ハングアウトってなんじゃろなぁだとおもいますが、今回は、単純にネット配信だったとおもいます。

KDN Official YouTube Channelから、録画映像を見ることができますよ。

 「技巧派にも筋トレは必要か」という質はしんちゃんがさせていただきました。最近、野球学に目覚めてるしんちゃんにはこのチャンネルは熱いです。

さて、野球学で言いますと、最近は桑田真澄氏に大注目しております。体罰の件での啓蒙活動もですが、今更ながらに「清原×桑田 最後の真剣勝負」を見まして、改めてこの二人の凄さを実感した次第でございます。

 この二人が「統一球」を戯れる姿に、更には清原氏のホームラン、その後の「俺のバットの軌道を把握してそこに投げてきてくれた」という言葉は重みを感じた次第でございます。

 まだ、見ていないかたは、ぜひ

 さてさて、それではWBCのお話を。まずは、私の心の師である広尾晃氏の「野球の記録で話したい」に記事化されていたWBCでの応援スタイルのお話を。

 WBCで「みんなで稲葉ジャンプ」とても楽しそうでした。正直、画面越しになんだよ皆やりたかったのかぁと思いつつ観戦しておりました。しんちゃんはまだ広尾氏の領域に達しておりませんが、ボールの音、すごく大切だと思います。

 このブログのタイトルにもなっている「白球」。こいつは本当に不思議な生き物です。突然ですが、みなさんは、漫画とアニメーションの違いを御存知ですか?紙の上に書かれたキャラクターという漫画に魂を吹き込み動かすことをアニメーションというそうです。

 本来はグランドに転がるただの白い玉。それをフィールドプレイヤー達が魂を吹き込んで前へ後ろへ、右へ左へ、元気よく飛び回ります。この生き物が出す音は非常に繊細です。空を切る音、皮と擦れ合う音、木とぶつかる音、時には金属と触れ合う音も響き渡ります。

 そして、その音からいろいろなことが解ります。

 だから、広尾氏のいうことはとても解ります。また、氏は応援を否定しているわけではありません。ただ場と時をわきまえてほしいという事だけだと私は認識しています。打った瞬間、アウトを取った瞬間、脳へ刺激が走り、身体が勝手に動き声が出ます。チャンスが来たらより一層応援したい。その気持ちとっても大切です。なので、節度を持って楽しんでいきましょう。

 白球がいきいきと駆けまわる音の心地よさ、そこからくる情報量、実は、先ほどの「清原vs桑田」の対決でも大きな要素となっています。清原氏がホームランを打つシーンはスタジアムの生音だけで十分な演習となっています。

 さてさて、WBCの結果に目を移すと、日本は残念ながら、決勝トーナメント初戦で敗退しました。WBCには1位と2位しか無いそうなのです。メディアは戦犯さがしに夢中だったようですが、しんちゃんはそれよりも、次回大会で日本は決勝トーナメントに進めるのかという方が心配でなりません。

 野球とベースボールは違うそうです。日本はスモールベースボールという野球をやってきました。郷に入れば郷に従えとでも言いましょうか、パワーヒッターが揃えにくいというお土地柄だったからかもしれませんが、繋ぐ野球が基本です。…

Continue reading開幕前にWBCと野球学

みんな、サンフランシスコに行きたいか!!侍ジャパンアメリカ行きチケットゲットだぜ!!

Posted on by しんちゃん

 こんばんは、いろいろと度肝の抜かれている、しんちゃんです。

 まずは、大谷くん152Km/hデビューおめでとうございます。早い時期に二刀流デビューしそうですね。

 今日の侍ジャパンは、12点差7回コールド、先発全員安打、毎回得点、ホームラン6本、17安打。ついに、打線が爆発しました。

 火付け役は、出塁率.400 打率.000 の鳥谷選手の先頭打者ホームラン。この一発は間違いなく大きかったです。そして、完璧な投球を見せてくれた前田投手。5回1安打9奪三振。メジャーへのチケットも手に入れちゃったかもですねぇ。

 6本のホームランは、鳥谷選手、松田選手、内川選手、稲葉選手、糸井選手、坂本選手です。特に稲葉選手のホームランには栗山英樹監督も、ニコニコしていることでしょう。東京ドームとはいえ、6本というのは、持ってる力がすごいのだということですね。何よりも、全員なんだというのが気持ち良いです。途中まで、翔ちゃんはドキドキしたことででしょう。また、このパターン??って思ったはず。でも、今日は打てたよね。成長成長!!

 ただ、やはり、野球とのいうのは怖いもので、投手がなげる「ボール1つ分の高さ」で大きく結果が変わるというの身にしみた1戦でした。

 圧倒的な強さで、サンフランシスコ行きのチケット手に入れました。多分今頃、日本は弱くなったといった方々は後悔をしているのではないかと思います。(してないか、そんなこと言ったの忘れてはしゃいでるな)

 明後日に、順位決定戦ですね。いい流れで行きたいので、ドドドーンとかって、1位通過でアメリカに乗り込みましょう。できることなら、傷心のオランダがキューバに負け、キューバを今日の勢いで倒し、台湾の敵を取ってから、アメリカに進みたいものですね。

新ライバル台湾敗退、4年後また2次ラウンド出てこいよ

Posted on by しんちゃん

 く、くやしい。悔しい思いのしんちゃんです。

 昨日は、「強肩」というキーワードとはなんぞやとまったりとYoutubeの「新庄剛志」ムービーを見ていました。改めて、強肩は防御率向上の大きな要因で、相当な抑止力になることを実感した次第です。

 漢字では強い肩と書きますが、強肩になるためには手首を鍛えるそうです。もちろんで手首だけ鍛えれば良いという話では無いですが、「肩」という漢字を使うだけに気が付かない部分でもありますね。

 新庄さんの場合は、それに加えてバランス感覚が良いのでおもいっきり走りこんでボールをキャッチしても、その後の投球までに自分自身を建て直す動作が要らない分、投げ出すまでが他の選手よりもはやいのも強肩に大きく貢献していると、栗山英樹解説員が言ってました。そういえば、監督!!解説してる時とだいぶ顔変わった。
 確かに、去年の翔ちゃんの回転レシーブ投法は明らかにバランスを崩してのものだったのでとってすぐ投げるということが難しいことなのだと改めて認識しました

 いやはや、やっぱり野球は深いですね。

 そのムービーやら、情報やらを追いかけるきっかけになったは、嘉男の3塁憤死のあのプレイ。そう、陽岱鋼のワンハンドキャッチスローでありました。

 その陽君が代表として参加している台湾代表は残念ながらキューバにコールドゲームを喫してしまいました。台湾代表の選手が陽君のプレイに刺激を受けて4年にどれだけ成長してくるか、楽しみでなりません。もちろん陽くんも次回大会にはフル出場でしょう。もちろん、ファイターズで技量も大幅にアップしているのも間違いないでしょう。そして、投手が3枚揃えば、2次ラウンド突破も可能になると思います。

 WBCには球数制限がつきまといます。選手層の厚さが必要というこの仕掛は野球が9人で行うものではないというのを表現した形になっているのだと思います。

 そういう意味では、次から次へとレベルの高い投手を送り出せる日本は強いのだと思います。

 本日は侍ジャパンvsオランダ。対ブラジル戦、対中国戦、対キューバ戦、対台湾戦、過去4戦を考えると不安にもなるが、今日こそスッキリ快勝で、アメリカ行きを手に入れてほしい。興行的には負けてもらうほうがウハウハなのかもしれないが、そんなの関係なく勝っちゃってよねぇ〜

そのレフト誰?げ、陽岱鋼でござった

Posted on by しんちゃん

 こんばんは、しんちゃんです。

 WBC第二ラウンド、延長10回、翔ちゃん犠牲フライで勝ちました!!

 しかし、苦しい戦いでありました。最後までハラハラ。

 今日のこのワンプレーは、8回の表、1死一、二塁、バッター坂本のシーンだろう。一塁は嘉男、2塁は代走の本多。坂本の打球はショットの横、グローブをかすり軌道がズレる。それを確認して、本多は本塁へ、糸井は3塁へ。

 もちろん、コチラの思惑としては、ホームに返球されオールセーフで更に追加点のチャンスとなるはずだった。

 ところがどっこい、カバーに入ったレフトはワンハンドキャッチ、そのままサードに投げてしまい、嘉男余裕のタッチアウト。日本は同点に追いついたが逆転のチャンスを逃してしまった。誰、この野球を知り尽くしたレフト!!っと思ったら、我らがファイター、陽岱鋼。嬉しいやら悲しやら複雑な気持ちでございます。

 台湾、本当に強くなりました。投手層に厚みが出れば更に手こずるかと思うと楽しみでなりません。

 兎にも角にも、まずは一勝目を手に入れた侍ジャパン!!次もしっかりゲットして最終ラウンドへ突き進んでいきましょう。

激突、中田翔vs陽岱鋼 準本拠地の東京ドームで8日19時プレイボール

Posted on by しんちゃん

 こんばんは、しんちゃんです。

 なんだかいろいろと悩ましい人生感でございます。

 まずは、本命のファイターズのお話ですが、開幕を任された武田勝投手が波に乗れたようでございます。本日の試合終了時点で、打率.571が3選手います。小谷野栄一選手、アブレイユ選手、そして、中田翔選手。

 その、中田翔選手はWBC組みですが、明日は、陽岱鋼選手率いる台湾代表と激突します。明日の東京ドームが楽しみですねぇ。日本の先発は、能見投手です。前回は中継ぎ登板でしたが非常にアップテンポで投げていました。あのリズムで投げれればしっかりと抑えてくれるとおもいます。台湾の先発は、台湾之光王建民投手です。ハングリー精神をもってぶつかってくると思われます。

 投手戦になると予想されますが、なんとか、うち崩していって欲しいところです。陽くんには悪いけどね。

 さて、正式に3時間半ルールの撤廃が決まりました。あまり効果がなかったということですが、ファイターズはテンポ良い試合も多かったと思います。頭を悩ませる継投への負担が減ることは首脳陣にとっては嬉しいことかもしれません。

 あしたは、仕事を終えて帰って来るのが楽しみにです。

陽君、台湾代表、第2ラウンド進出おめでとう

Posted on by しんちゃん

 こんばんは、しんちゃんです。

 今日は、台湾vs韓国戦をみましたよ。高津さん解説で嬉しい。台湾戦は高津さんに限るよ。去年のチャリティ戦の解説は秀逸だったですよねぇ。

 さて、韓国は第2ラウンドに出場6点のビハインドを背負っての試合です。韓国にはオリックスのイ・デホが、そして、台湾には我らがファイターズの陽君が、さらに台湾の先発は陽兄ちゃんとワクワクでございました。

 今日、思ったことは、「台湾強い〜〜」です。韓国の打線がという話がよく出てるのですが、いやいや、それ以上に、台湾は打ててるし、細工も出来てるし、守れてるし、投げれてるし、これ、ちょっとウカウカしてられませんよ。林威助の頃とはひと味ちがうのは明らかです。

 韓国は、ちょっと諦めが早かったかなぁ。ピッチャーゴロで走らないとか、ちょっとがっかりです。そうなると望み通り負けておしまい!!って思っちゃいますよね。そんな姿勢で野球に取り組んでいたらファイターにはなれません。常に全力疾走です!!

 一方、今日も全力疾走を貫いた陽岱鋼!!3塁を蹴る陽君に迷いはありませんでした。ファイターズで学んだことをしっかりやっているのが嬉しい限り、その姿勢が台湾に広がれば近い将来に日本を脅かす存在になるでしょう。そして、何よりも楽しそう。これが一番です。

 守備も上手でした。外野からのダイレクトも中継プレイも、すべてがストライク。これもビビった要素でした。とにもかくにも今後の台湾野球が楽しみでなりません。

 韓国は、立て直しですね。日本でプレーしてる、もしくはしてた選手とそうでない選手の意識の差が大きくなっているのかもしれません。野球は「9回2アウトから」っていうでしょ、から、始めましょう。

 と言いつつも、今は8回裏の攻撃で、この回に6点差つけないと韓国の第二ラウンド出場はなくなるのでラスイニングですね。サヨナラ勝ちでは1点しか入らないので大変です。

 その8回の裏に台湾は逆転されちゃいましたが、9回表も果敢に攻めます。適当にやっても第2ラウンドに進めれるのにな。この姿勢の違いが10年後どう出てくるのか楽しみです。

 確か記憶によると、前回大会だったか、オリンピックの時に「宣銅烈氏」が、日本と韓国の野球の違いは選手層の厚さと言っていたという記憶がある。世代交代に失敗しないことを祈るばかりだ。

 なにはともあれ、台湾代表、第2ラウンド進出おめでとう!!
 
 気になる、ブラジルは、最後、メンタル面で負けちゃいましたねぇ。野球には大きな要素になるので最後まで野球を楽しんで欲しかったなぁ。8回からシュンとした雰囲気になってしまって、それがものすごくもったいなかった。ダル君なんか、ドデカイの打たれても、やるなぁ、次はこう攻めてやるって感じでとっても楽しそう。それぐらいのタフさが均等しているレベルでは重要なんですね。

 ところでボールガールの露出が激しいが気になるのだが。露出控えてもお客さんがよべるように早くなってほしいね。いやきっとなるよ、台湾の野球は。

そうだ、羽曳野に行こう

Posted on by しんちゃん

 さて、時間を手に入れたしんちゃんは、やっぱりファイターズのことが気になるダル君の故郷、羽曳野に何度か足を運んでみようと思います。大阪でファイターズを身近に感じることってなにかなぁと考えた時、一度は羽曳野に行ってみたいと思いました。

Continue readingそうだ、羽曳野に行こう

ダルビッシュ有、好投で4勝目、初被弾もいい経験

Posted on by しんちゃん

今日は、7回97球、4安打3四死球、9奪三振、1被本塁打、失点1という内容で4勝目を見事に飾りました。やったよやったよダルビッシュ。レンジャースはアメリカン・リーグ西地区で首位を爆走してますよ!!勝率は.739。強い!!

Continue readingダルビッシュ有、好投で4勝目、初被弾もいい経験

ダルビッシュ、3勝目、完封まであと一歩。

Posted on by しんちゃん

今日は黒田博樹 vs ダルビッシュ有だ。セ・リーグで最優秀防御率を取った男とパ・リーグで最優秀防御率を取った男が海の向こうで投げ合うのは楽しみでしかたないっすね。今日の結果は8回1/3、0封でダルビッシュに軍配。3回表は非常にヒヤヒヤしましたが大ピンチをうまく切る抜けました。4回表もピンチを背負いますが、ここはギアチェンジで切る抜けた。調子は尻上がりに良くなって行きましね

Continue readingダルビッシュ、3勝目、完封まであと一歩。