信じた伊東、あきめた栗山

Posted on by しんちゃん

 本日、CS第三戦に敗れ、ファイターズの今シーズンは終了しました。

 今シーズンも、あまり試合を見れませんでしたが、今日はパ・リーグTVでしっかり観戦しました。今シーズンは、他を寄せ付けない盗塁数と盗塁成功率。来シーズンには、盗塁成功率は80%を超えるかもしれませんね。

 チームでの盗塁企画数は172回盗塁、うち134回成功させるという放れ業。来年は、300企画、240回成功目指して、レアード選手にも頑張って走ってもらわなければなりません。

 ヒットを2塁打に変えれる魔法の走塁。まさに、得点力アップの足がかかりです。ちなみに、個人のシーズン最多記録は、福本豊氏の106回。すげー。

 一方、チャンスに弱いファイターズは、今年も健在。UC率は、6チーム中同率最下位の、.242。いわゆる、お祭り男の育成にも力をいれなければいけません。

 また、QS率の低さもありました。先発ピッチャーがKOというよりは、5回が終わるまでに投手交代というパターンでしょうか。去年は6球団とも低い数値でしたが、今年は、ファイターズのみが40%台。

 ということで、今日の最終戦も、UC率の低さ、QS率の低さが出た試合だったといます。

 ポイントとなったは、3回裏の攻撃。ノーアウト満塁と攻め立て、ワンアウト満塁で迎えたれレアード選手。この、5球目。143キロのスプリット。外角低めをボールと判定され崩れ落ちる、涌井投手。これで、勝った!!と思いました。

 この時点で、球数は75球。逆玉もそこそこ、サインも合わない、投球間隔が長く、ファイターズが攻め立てている。という、状況での際どい球をボールとジャッジされると、ストレスはピークを迎え、崩壊の道を歩むと思い込みました。

20151012

 ところがここからです。どちらかというとかわすピッチングだった涌井投手が攻めのピッチングに変わってしまった。

 一方、吉川投手は、絶好調。冴え渡るストレートでグイグイ圧し続けるも、5回に2アウト1,3塁となった時点で交代を告げられる。球数は73球。

 ノーアウト満塁でも涌井投手が立ち直ると信じた伊東監督、好調でも、2アウト1,3塁であきめた(討ってる手は打った)栗山監督。この差がQS率に大きく響いてるのだなぁとうなずくばかりでした。

 来年は、盗塁企画数を300回にしさらに多くのチャンスメイク、UC率を .250 にして得点力アップ、QS率を .550 にして中継ぎへの負担軽減、で優勝っすね!!

さようなら鶴ちゃん、こんにちは小坂ゾーン、コーチ改革で土台固め

Posted on by しんちゃん

どうもー、お久しぶりです。

ドラゴンズさんすごいことになりましたね。こりゃドアラも減俸だなぁ。

外はこんなに寒いのに、なぜになぜに、今年のストーブリーグはこんなに熱いのか?いや、懐が寒い人が続出か?

マー君の行方はいかに?ソフトバンクの補強はどうなるのか?オリックスも西武も変動が激しい。そして、我らがファイターズの来年の行方は?

残念ながら、鶴岡捕手がソフトバンク移籍することになりました。僕は、彼にとって良かったんじゃないかと思ってます。このまま、いくとライト守れと言われかねないと少々不安でした。でも、きっと、最後は、鶴の恩返しをしてくれるでしょう。ダルビッシュ政権のバッテリコーチ頼むよー。

さてさて、我らが北海道日本ハムファイターズは、来シーズンに向けてのコーチングスタッフがかなりまえに決まり、発表されていました。で、下書きのまま公開するのを忘れてたので、本日公開いたします。

まず、言っておかなければいけないのは、スカウティングが不安になるの〜、ということでしょうか。

しかし、そこまでのリスクを背負っても、過去の9年で積み上げたものを取り戻さなければならないのです。ざざっと、表をこしらえてみました。一軍コーチングスタッフはかなり激しいです。赤字が変わったところ。

1軍

役職 2014 2013
監督 栗山 英樹 栗山 英樹
ヘッドコーチ 阿井 英二郎…

Continue readingさようなら鶴ちゃん、こんにちは小坂ゾーン、コーチ改革で土台固め

斎藤佑樹投手復帰戦、今年がスタートか来年がスタートかはぜんぜん違うという価値観

Posted on by しんちゃん

 僕たちが持てる輝き 永遠に忘れないでね〜〜〜。久しぶりに聞いちゃった。

 今日は、怪我からの復帰で「今年がスタートか、来年がスタートかは大きく違う」という監督の言葉で、二軍から一軍へ登録された斎藤佑樹投手が先発です。

 しかも、中嶋聡コーチ兼任捕手とのバッテリーで試合が始まりました。斎藤佑樹投手の復帰登板の女房役に中嶋捕手を使う辺り、栗山監督の本気度、来年への期待度を伺うことが出来た。

 斎藤佑樹投手には、打ち込まれてもいいので、向かっていく投球をしてほしい。

 試合前は、チームメイトがみんな佑ちゃんに声をかけていく、緊張感はあまり感じられない。が、緊張はしているだろうと思います。今日は、斎藤佑樹投手と一緒に中田翔選手も一軍に復帰してきている。そして、久しぶりの大引選手の先発と終盤なのにいろいろと目白押し。
 ということで、テンション高め。糸数投手が戦力外になっちゃった。そんな気はしてたけど。なので、テンションは登りきらない。

20131002_04 それでは、試合の流れを。斎藤佑樹投手中心になります。

 1回表、先頭打者平野恵一選手。斎藤佑樹投手は初球141kmのストレートで入る、ファームでの最速が136kmだったので調子上げ味であると解釈をする。

 ほぼ、中嶋捕手のリード通りだが、微妙に外れている。きわどいインコースをつくように投げている。3球目が逆玉で、ノースリー。無理せず歩かしてもいいので、でかいのだけは勘弁。3球目以降コントロールが定まらない感じが出てきた。そのまま、平野選手をストレートのフォアボールで出す。

 セカンド中島卓也がマウンドに行って声かけ。これは、いい動き。

 とにかく落ち着いて。

 二番、足立選手、少し高めストレートで送りバントを決められる。ワンアウト二塁。

 三番、糸井選手。中島捕手が何やら話しかける。おう、今日久しぶりに飲みに行くかってかんじですかね。

 佑ちゃん、容赦なく糸井選手に内角攻め。かなり攻めてますぜ。糸井、ファーストゴロ。大きな拍手。複雑な気もちになる。中嶋捕手の話の内容は、強打者やし内角攻めるわなぁという話だったかも。

 それにしても、ランナー出してから強い佑ちゃんが顕在なのかが気になる。

 イ・デホ選手。初球、逆玉。球は低いので大丈夫。逆玉で高めは最悪。結局ライトフライに打ちとってチェンジ。

 ここまで、危ない球は、バントさせた球ぐらい。させやすい球を投げさせた感じ。いい感じの立ち上がりで上々の出だしと解釈。微妙なコントロールもまだまだだが、白球が浮いていないのはすごく良いこと。

 2回表、初球は低めのストレート。これいい球。2球目フォーク。このフォークもキレてるね。いいんじゃないかな。集中して行ってほしい。バルディリス選手への四球目はフォークが抜け気味がレフトファウルゾーンでレフトフライ。ちょっと冷やっとする。

 二人目、原拓也にセンタ前打たれる。キャッチャーのミットには向かって行ってたので気にしない。

 三人目、初球インコースストレート。画面越しには球威を感じる。2球目、サイン合わずに間合いをとる。外角いっぱい、しかしボール。残念。中嶋捕手のリードが冴えている。内角へ外角へとかなりボールを散らしている。それにしっかりこたえるように、投げている斎藤佑樹投手。デットボールにならない程度に投げていると、書いたところでデットボール。かすっただけ。気にするな。

 ワンアウト一、二塁で4人目。2−2から、フォークを投げるが、振ってくれなかった。残念。フルカウント。間を嫌って、マウンドを外すが投げた球は完全に逆玉。甘い球だが打ち損じてくれた。

Continue reading斎藤佑樹投手復帰戦、今年がスタートか来年がスタートかはぜんぜん違うという価値観

7回裏の明暗、つながるオリックスとつながらないファイターズ

Posted on by しんちゃん

 今日は、作業しながら観戦。残念ながらの大敗でした。

 この時期、最下位を爆走すると色んな話が出てきますが、二岡選手の戦力外報道にそわそわ。数日内に話し合いがもたれるということで、おそらくは足のこともあるので引退となると思います。シーズンが終わって引退という報道だけならそわそわもしないですが、誰がリークしてるんでしょうね。

 ちなみに、代打率ってのがありまして、監督が代打を送った時に安打を打った率になります。犠牲フライとか含む、代打成功率ではありませんが、今年のファイターズは極端に低くなっています。楽天と比較してみましょう。

 2012年代打率
 ファイターズ .273
 イーグルス .183

 2013年代打率
 ファイターズ .186
 イーグルス .293

 .273から.183にガクンと落ちています。今年のイーグルスは3割近くになっており、采配もズバリ的中といわれてもいいぐらいの率ですね。率だけ見るとわかりませんが、ファイターズは、188回代打を送っていますが、イーグルスは、58回しか代打を送っていません。

 都市伝説的に言われる、打順を固定できるチームを強いってのをまさに表現しています。ちなみに、去年は打順の組み換えが激しいなか、ファイターズは優勝したことは付け加えておきましょう。

 田中将大投手が異次元の活躍で大きくクローズアップされてますが、楽天の今年の強さは全体的な力の底上げがあったというのがデータ的にもはっきり出ていると思います。

 ちょっと話がずれていきましたが、去年は吉川投手の活躍が大きくクローズアップされている裏で、二岡選手の活躍を見逃してたところは大きいのかもしれません。

 このまま、戦力外となっった時に、誰が代打になりますかね?と考えた時、経験値的には、金子選手になってくるでしょう。さらにそれを考えると、金子選手を代打を主にしなければ、ショートとセカンドの固定化がなかなか進まないということに辿り着き、仮に二岡選手が打率良かったらどうなるんだろうとこれまたそわそわしてしまいます。

 いやぁ、野球界って一寸先は闇ですねぇ。

 さて、本日の試合のお話に戻りますが、打つ方はあまりよい感じではありませんでした。守る方はエラーもありましたが、今浪選手の三遊間の深いところからのワンバウンド送球でアウトに仕留めたのは、よっしゃーと叫んでしました。ボールを取ってから、投げるまでの無駄が全くないリプレイを食い入るように観てしまいました。

 あと、西川選手もすげープレー見せてくれました。ボテボテの内野安打級のボールに走りこんで体制を崩しながらもファーストにしっかり送球しアウト。これまた食い入るようにリプレイを観てしまいました。

 ただ、7回裏に起きた無警戒でセーフティースクイズを決められてしまったところはいただけません。この、スクイズをみるに、オリックスはつなげる為の努力をやろうと頑張っているのが伝わってきます。どちらも今季はつながり泣いたチーム。来年、どう改善してくるのか、楽しみでなりません。イ・デホ選手にはぜひオリックスに残っていただいきたいです。

 大塚投手は難しい場面での登板で、そのまま飲み込まれてしまいました。甘く入ってしまったところに、それを見逃してはくれないバッターということで撃沈です。多分ですが、マウンドの斜傾を上手につかみとる能力ってのも重要なんだと思います。

 そいから、中嶋捕手、実働27年達成です。この人ほんとすげーやと今日は思いました。なんていえばいいんかなぁ、乾投手に、ブルペンで投げてるように投げたらええんやでという空気を作り出してたような気がしました。もしかしたら、来年は正捕手争いに参戦するかもしれないので、良いアピールになったことでしょう。それはないか。

 あと、2日に佑ちゃんが登板確定らしいですね。吉井コーチのおっちゃんも喜んでいることでしょう。佑ちゃんのことになると、おっちゃんのブログの記事のテンションが変わりますね。…

Continue reading7回裏の明暗、つながるオリックスとつながらないファイターズ

ひさしぶりの観戦。スタンドは満員。惨敗でござるが良い点もあったわね

Posted on by しんちゃん

 昨日、今日と観戦することが出来ました。昨日は、1塁赤田選手、本日は、1塁西川選手が守備についていることに面食らってしまいましたが、チーム事情を考えると仕方が無いのかと思いつつも、今年は世代交代の仕切り直しがテーマなのに、直近を考えすぎていることに来季への不安がすこし垣間見えてしまいます。

 今年の総評は順位確定後に書くとしまして、とにかくこの二試合、GAORAの解説がかなり厳しい口調だった印象が強かったです。言ってることは正しいと思ってます。が、野球はそんなに甘くはないのが現実かもしれません。若干気になるのは、ため息を音声にのせないほうがいいかなと思います。

 今日は、金子誠選手が久しぶりのスタメン。多くの人が「誠」の文字を掲げているのが映ると僕はそこがとても重要な気がします。ファン心理は人それぞれなので僕の持っている考えが正解ではないことは付け加えておきたいと思います。

 西川選手のセカンドでのグラブさばき、だいぶ上手になりましたね。身体をうまく回しながら的確な位置に投げれるようになったので、相当に気合を入れて練習をしていることがわかります。なのに、今日、一塁だったのが、とても残念。しかも、ショートはチーム内で一番経験を持っている誠さんだったのに。中島選手が調子がいいので使いたいのはよくわかりますが、そこは、ブレが生じていると思います。アブレイユ選手って一塁守れませんでしたかね??ホフィーは退団でしたね。

 栗山監督にはぜひ「有言実行」を貫きコーチに負けない態度で挑んでほしいものです。批判じゃないよ。

 直近でやらなければいけないことは、田中賢介2世を造ること。数年内に、小谷野栄一2世を造ること。このままでは、糸井選手を放出したのが無駄になってしまいます。常勝軍団に居続けるためには、世代交代をいかにスムーズに行えるかなので、ファイターズには頑張って欲しいですね。

 エラーが目立ちますが、そこまで気にしてません。金村氏が言うように、不慣れなポジションを守らしてるのはチーム事情からなので、そこからほころびが出るのは今は仕方がないと思います。ランダウンプレイに吉川投手が参加しなければいけない時点ですでに破綻しているのです。

 それよりも何よりも、全力プレーのほうが気になります。詳しくは順位確定後に書こうかなと思いますが、こんなプレーがあったというのは、メモとして書き残しておこうと思います。

 2アウトで打者が内野フライを打った場合、ランナーはアウトのジャッジがあるまで全力で走り続けるのが去年までのファイターズでした。昨日見てると、1塁走者が2塁塁上で止まって捕球を見ていました。僕は、全力で走り続けるファイターズに勝つ気を感じずにはいられません。

 ちょっと、批判じみた感じになってしまっているかと思いますが、やっぱり、選手が成長していることに喜びを感じるし、負けてたって、勝とうとする気持ちで前向きな全力でプレーしてれば握手で向かいれてあげようと思います。

 そういう意味では、投げ負けはしたけれども吉川投手はよくやったと思っています。来季復活に向けて調整に入ってよいかと思います。ダル君が光夫にチャンスをくれたように、光夫もファームの人たちにチャンスをあげて欲しいですね。のこり12試合で7.5ゲーム差を詰めてCS出場ってのは、不可能ではないけど、チーム状態を考えると現実的ではないので、来季のために準備を進めて良いと思います。ファームから上がれる人がいないと、来年も厳しいのだから。

ファイターズの再定義

Posted on by しんちゃん

 最近は、起きて仕事、仕事終わって寝るの繰り返し。今は、泊まり込みの息抜き中。9月頃にはPeachにのって沖縄へ、札幌へ、熊本へ(鹿児島経由、長崎帰り)と企んでるんですが、企めば企むほどドツボにハマるのが自分のパターン。

 ということで、ファイターズの試合もあまり見れていない。基本的に見ていない試合のことは記事にしない。結果だけ見てぎゃーぎゃー騒ぐと、最終的に自分の心が痛むから。かきっぱなしなら、痛まないんだけどね。

 今年のファイターズは苦しい状況に立たされている。本日自力優勝が消滅だとか。それは、仕方が無いこと。昨年までの常勝チームは悪戦苦闘の、「再定義」中。かつて、20年を超えてAクラス入りを果たした、チームはたったの2つしか無い。

 思えば昨オフ、長期的な視野を重視して、防御率低下という大きな代償のもと、糸井選手を放出し、メジャー移籍の田中選手、故障の金子選手の穴を埋めるべく大引選手を獲得。長期的な視野という言葉からすれば、西川選手の教育という主目的であったかが西川選手は怪我で離脱中。精一杯のプレーの中でのアクシデント。これは、しかたのないことだけど、もう一年かかりますよという意味でもある。

 Facebookのファイターズ公式ページのコメントとか、G+のコミュニティーのコメントとか見ると悲しくなる。で、必然的に見る回数が減る。で、今日、FBのいいねを外した。

 先般、函館での試合後に、選手が無愛想にバスへ乗り込むことについて言及するコメントを見たのだが、複雑な気持ちだった。あまったれしんちゃんは、負けたって暖かく選手に触れ合ってほしい。でも、今の状況じゃ無理だろう。10の褒め言葉より1の悪口の方が心に響くという。

 勝てば、ファンのおかげです!!負ければ自分の責任です!!野球選手は過酷な商売です。

 吉井のおっちゃんの「投手は誰と戦っているのか」というお話が大好きです。間違ってもファンの野次と戦わないようにしてほしい。今はベンチと戦っているようにも見える。しかし、それは、少しだけしか試合を観れていないから確認は持てない。

 この間、彼女が病気にもかかわらず罵声を浴びせてしまった。その後、ひどく心が傷んだ。それ以上に彼女の心は傷ついただろう。世の中すべてが思うように行くわけではない。その中でできる限りのことを尽くした。そこをみる必要がある。

 ファイターズはこれから20年に向けての再定義中。20年連続でAクラスに入るのは並大抵のことではない。

 批評は、終わってからでも問題ない。クソミソに言った所で、流れが変わるほど野球は甘くない。しんどい時は少し距離をおいてもいいんだよ。

 期待は裏切らない。期待とは相手に押し付けた自己の願望であり、相手が裏切ることはできい。期待は裏切られるのもではなく、期待は外れるものだ。と、私の主治医は言う。外れた気持ちを相手にぶつけても、それは、相互不信を生むだけだ。

クオリティースタート率が優勝への道

Posted on by しんちゃん

 セパ交流戦も終わり、昨日から公式戦再開。しかし、中盤戦の初日は残念ながら、雨。今日はスライドで、吉川光夫投手が先発です。その吉川投手、3回途中に左足を吊ったために発生。心配です。とても心配です。栗山英樹監督もさぞや心配でならないでしょう。

 交流戦終盤から、ファイターズらしい野球が戻ってきて、吉川投手のアクシデントにもかかわらず、着実に追加点を積み重ねて勝利にすることが出来ました。吉川投手も悪くなかっただけでに悔しい降板であったと思います。

 チーム状況は、今日の試合開始前の時点で首位と8ゲーム差。今日首位のロッテさんに勝ったので7ゲーム差ですね。十分に優勝を狙える状況です。そのロッテさん。元阪神のブラゼルさんを獲得したそうです。先日の統一球の秘密が暴露された時点で、ブラゼルおかえり話をしていたら、まさに帰ってきました。

 これは、要注意。

 さてさて、7ゲーム差でも優勝を狙えるのは、首位の勝率が6割を切っている状況だから。言葉は悪いけど、まだまだ、各チーム同士が潰し合い状態だから。3位で12ゲーム差だと、4位以下は、1位2位にボロ負けするので差は縮まらない。パ・リーグは、首位と最下位7ゲーム差だからまだまだわからない。しかも、これから夏だ。

 その中で、優勝を狙うのにどうしても必要なのは、クオリティースタート率を下げること。クオリティースタートは「先発投手が6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内に抑える」こと。昨年より著しく悪くなっているのが、このクオリティースタート率。それだけに、今日の吉川投手のアクシデントは痛いことにならないことを願ってます。

 7回の小谷野栄一選手のファインプレーはかっちょよかったです。野手のますますの活躍が防御率にも大きく影響する。だからこそみんなで目指そう優勝を。

 大丈夫、ファイターズの選手は皆出来る子頑張る子!!今季初の5連勝でビックウェーブ到来です。

GW前半の3連戦を久しぶりにパ・リーグTVでの観戦

Posted on by しんちゃん

残念ながら大敗をきっしてしまいました。乾投手のメンタルが崩壊していないかとても心配していますが、監督、コーチがフォローしてくれていると信じてます。大差がついてもあきらめない。それがファイターズのいいところ。

Continue readingGW前半の3連戦を久しぶりにパ・リーグTVでの観戦

沖縄旅行に行ってきた。

Posted on by しんちゃん

遅くなってしまいましたが、2月2日に強行スケジュールで沖縄へ行ってきました。沖縄美ら海水族館10周年記念フォトコンテストに入賞した写真を見て来ました。もちろん、ファイターズの名護キャンプにもよりました。残念ながら国頭にはいけませんでした。

Continue reading沖縄旅行に行ってきた。

君はみたかこれぞ奥義先発全員安打返し、逆襲のファイターズ劇場

Posted on by しんちゃん

まずは2回、稲葉さん。初級の内角低めのスライダーをレフトスタンドに先制ホームラン。やたー、\(^o^)/稲葉さんが打つと一気に雰囲気が変わります。そして、マックのショート内野安打で2点目。マックは一生懸命に一塁に走り足を痛めた模様。しかし、ここは漢だ、そのままフィールドプレーを続ける姿に惚れ惚れしたぜ

Continue reading君はみたかこれぞ奥義先発全員安打返し、逆襲のファイターズ劇場