LCC Peachの弊害?八重山が苦戦中、沖縄は独自文化があるから面白いしすばらしい

Posted on by しんちゃん

 Peachの路線拡張は順調に進んでおり、経営計画の3年赤字も返上の様相をみせ始めております。

 そんな中、新しくなった石垣空港への乗り入れで、第二拠点である沖縄体制を強化し始めているさなか、八重山毎日新聞に、「丁寧な対応が課題 【2013年12月14日 社説】 」という興味深い記事が出ていました。

 リンク先は、いずれ消えてしまう可能性があるので、概要を引用しておきます。

 南ぬ島石垣空港開港以来、八重山はLCCの就航などで格安、身近、手軽な存在となり、若者でも簡単に行ける「安・近・短」の観光地に変貌した。しかし、それは、渋谷風の金髪ロン毛、ピアスギャル、パンツ腰履き男、スマホを手放さない旅行客等、都会の日常生活がどっと八重山の島々に氾濫する事にもなった。笑えない話が「八重山そば」のメニューに「これはそばではない、うどんではないか?」とクレームを付けた客、島の民宿に歯ブラシ、タオルが置いてない、シャワーのみで湯船がないなどのクレームが相次いだ。業界は施設やサービスをさらに改善し、適正な料金でリピーターとなってもらえるよう評価を上げる努力が求められている。本来、都会と異なる自然や文化、旅情を楽しむ非日常の空間が「旅」であるが、地元としてハード面の受け入れ施設強化の他、このようないわれのないクレームにも丁寧で的確な対応をおろそかにすると情報化の現代社会では悪評がインターネットを通じて拡散され、先細りの観光地となっていく。

 Peachなら、大阪関空から石垣島まで3時間、安ければ片道6000円強の金額でいけてしまう。関空-那覇-石垣-関空という三区間の利用なら、アイランドホッパーというキャンペーンで8000円〜と破格の値段だ。

 大阪から日本一の観光地東京ディズニーランドへは、夜行バスが最安となるが、12時間片道3500円〜かかると考えると、記事に書いているとおり大阪と石垣島は安くて近い観光地といっても良いだろう。

 その結果、今まで高くて行けなかったという人が流れ込んできたというのも、うなづける話だ。

 その昔、沖縄には安宿ブームがあった。サービスを劣化させ宿賃を下げるというものだ。今は安宿のブームは去り、生き残りをかけた熾烈な争いが続いているが、そうそうに安宿を撤退し、サービスの向上、価格を引き上げた宿が儲かっているという事実もある。

 なんだか、LCCに似た構図である。ただ、LCCの場合はサービスの劣化ではなくサービスが選択できるようになったというのが正しいところ。もちろん提供されないサービスもある。

 安宿をやっていて普通の宿に鞍替えしたオーナーに聞いた話だが、「安宿に泊まろうとする客はマナーも悪いし、お金も落とさない。適正料金や、高級な宿に泊まる人の方が、宿以外のところにお金を落としてくれ、結果的に口コミになりやすい:という分析だった。

 なるほど、確かに自分も安宿を探しているときは金を使わないが前提だった。宿代すら浮かせたくてレンタカーで寝たこともあった。これでは人間関係は広がらない。妙に説得力のある言葉だと思った。

 これはPeachにも当てはまることかもしれない。そもそも、是が非でも行きたい人は、JALでもANAでも飛んでいく。いうなれば、自分の中の優先順位があって、沖縄への興味が薄い人でも乗り込めるようになったというところではないでしょうか

 ただし、すべての人がそうではないし、私はPeachが安宿と同族とは思っていないということは書き添えておきたい。

 沖縄への興味が薄い人が日本のリゾート地として遊びに来てしまうと、【「八重山そば」のメニューに「これはそばではない、うどんではないか?」】というお話になってしまう。ただいま流行中の食品偽装かとも疑ってしまう。そして、それをただす人がいなければ疑いは事実に変わってしまう。

 Peachで沖縄に行く人にほんの少し、気にとめてもらいたいことがある。沖縄は、元々、独立していた国家であり、そこに独自の文化形成をしていた。その文化は、世界遺産群としてユネスコに登録にされるぐらい独特の物で、日本とは違うルールがたくさんあるということ。

 そのことを、わかって沖縄に入ると、ただ楽しいだけの沖縄、青く癒やしてくれるだけの沖縄とは違う楽しさを発見できるだろう。

 私にいえることはそれぐらいかもしれない。

Continue readingLCC Peachの弊害?八重山が苦戦中、沖縄は独自文化があるから面白いしすばらしい

LCC Peach でバードストライク、予想通り格安を勘違いした記者がLCCの偏見批判

Posted on by しんちゃん

 本日、2013年10月12日にバードストライクの痕跡が見つかり、欠航と、遅延が発生しました。

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは12日、午前10時10分発の関西―札幌便の機体の主翼にへこみが見つかり、修理のため欠航する、と発表した。この機体を使う午後0時35分発の札幌―関西便も合わせて欠航する。

引用元:朝日新聞 DIGITA
(ってか、これ史実をそのまま転写してるので著作権は無いのかな?)

 なんでも、早朝の整備で右主翼の前方部分に40cmx10cmの凹みと血痕が見つかり、バードストライクが起きた可能性が高いということです。

 欠航に関しては、Peachルール通り、払い戻しまたは他便への振り替えが可能です。他社の便に振りかえることは出来ません。払い戻しの際はコールセンターへの連絡が必須となります。必ず、HPを確認して手順を踏んでくださいね。Peachからもtwitterでアナウンスが流れています。

当該便にご予約をお持ちのお客様は、本日より30日以内にピーチコンタクトセンターへご連絡ください。航空券代を返金いたします。お客様にはご迷惑をかけし、まことに申し訳ございません

引用元:Peach運航情報@Peach_flight

 明日、13日もかなりの出発時刻の遅延がアナウンスされていますので、ご利用予定の方はPeachのtwitterをご確認下さい。

 また、2時間以上遅延する場合は、キャンセルでの払い戻しがあるようです。これは、知りませんでした。

なお、2時間以上の遅延となっております。
10月13日MM103/MM104 MM157/MM158 MM175/MM176の予約をお持ちのお客様は、
航空券代金の返金を承ります。ピーチコンタクトセンターへ10月13日より10日以内にご連絡下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

引用元:Peach運航情報@Peach_flight

便名だけだとわかりにくいので発着場所と当初の発着時刻を調べてみました。
MM103 10:10…

Continue readingLCC Peach でバードストライク、予想通り格安を勘違いした記者がLCCの偏見批判

Peachの飛行機を見に行こう、関空祭りで格納庫見学

Posted on by しんちゃん

20130824_02 今日は関空祭り。先日関空祭りでPeachが格納庫見学をすることを発表しました。空港のロビー以外の場所に入れること自体珍しいのに、格納庫に行けるなんて、もう夢のようです。

 しかし、行きたい気持ちとうらはらに、体はだるく、起き上がりたくない気持ちとの駆け引きに時間を費やし、到着したのは、申し込み開始から一時間遅れの、11時前。

 贅沢に難波からラピートで関空に到着して駅を出ると、右にも左もブースがたくさん。ピーチの受付がどこにあるかわからず探すのに時間がかかってしまったが、facebookを見ながらなんとかたどり着りつけました。初めは全く逆方面に歩いていた悲しさ….

格納庫見学の待ち時間編

 テントはピンクでPeachらしく、わかれば見逃すことは二度と無い。そして、ブースに近づくと、「なんだよ、受付がすいてるじゃない。もう、受け付け終わった?それとも人気無い?」という有り様。色々思いを抱えながら受付の女性に「まだ申し込みできるんですか?」と聞いてみる。

 返ってきた返答は、「あちらの列の最後尾にお並びください。」

 え?

 ブースを少し離れた、ターミナルへ続く橋の境目を先頭に、ぐると、まわって、もう直ぐ一往復。すでに、12時半の便まで、申し込みは終わってる?と書いてある。
20130824_03

 「この並んでる人を入れて12時半までですか?」「いいえ、受付が終わった分だけです。」

 はい〜?

 なんてこったい。並ぶの? 並んで、格納庫を見に行けなかったらどうするの? いやいや、定員ですっと言ってくれるだろうと、自分勝手な期待をしながら、とにかく、最後尾へ。

人数を数えながら、歩き出すが、途中で面倒になり、最後尾へ駆け足をする。最後尾には、人数を数えている、スタッフのお姉さんがいて並ぼうとすると、「おそらく、二時の便に乗れると思います」、と言ってくれました。イベント慣れしてて、いい感じです。

 並んでる間は、別のスタッフの方が、ルールを説明しながら歩いています。これぞ、ピーチ。ルールなくしてピーチなし。

 何時の便に載るかの指定はできません。格納庫にイケるだけでテンション高いんだからそんなのどうでもいいっす。

20130824_04

 少しずつ前に進み、途中で申し込み用紙を記入。身分証明書を先に提示してから受付です。受付前の身分証明書を確認時点で、格納庫に向かう人は全員いないとダメというルールなので、気をつけてくださいね。
 子供の身分証明書は提示をしなくても大丈夫ということです。

 並んでる時から、格納庫の中を想像しながら、あれ、飛行機材エアバスA320はフル稼働じゃないの?と思いつつ、そもそもイベントの名前が「ピーチの飛行機を見に行こう」なのに飛行機がないのはどうなの? もしかして、真新しい「WING of TOHOKU」が待っててくれるのではと思うと、さらにワクワク感が増してきます。

 最終的に、申し込みまでに並んだ時間は50分。来年は、朝一の格納庫に入れるように頑張って起きたい。そして晴れますように。

Continue readingPeachの飛行機を見に行こう、関空祭りで格納庫見学

Peachが大規模に人材を募集中

Posted on by しんちゃん

 ついに、関空< ->成田便を飛ばしたPeach、ついに、沖縄< ->台北便を飛ばしたPeach。飛ぶ鳥落とす勢いで、成長を続けようとしている2年目のひなは、早ければ2期目で黒字化するという話もちらほら。

 予定通り、3期目でトントンで良いとも思いますがそれは経営陣が考えることで、1ファンが気にしても、あまり役には立ちそうにありません。

 しんちゃんが、できることはPeachのビジネススタンスを理解した上で、それをのめる人が利用できるように情報を発信することぐらいでございます。

 さて、先日、タイトルの通り、Peach Aviation株式会社が沢山の職種で、求人を発表しました。それはしんちゃんの人生においてはじめて、英語に真摯に向き合わなかったことを後悔した瞬間でもありました。

 Facebookにはこう書いてあります。「設立3年目で、これから本格的な成長期を迎えようとしています。今までの航空業界の常識を打ち破り、安全運航を堅持し、愛と笑いの空の旅を共に提供していきたい方、今少しでも「いいかも」と思った方、ぜひPeachの採用サイトをチェック!」

 「愛と笑い」だよ、大阪が真ん中!!

 そして、チェックしたした。すればするほど、英語が英語が….、日本語専用ブログ担当とか無いかなぁ…..プログラムの英語のサイトはガツガツすすんでアクセスして調べ物するのに、なんで、英単語を覚えるとか、しゃべるとかになると….

 ぎゃぁ、もう、自分の人生の愚痴書いてもしょうがない。

 とにかくPeachは3年目から本格的な成長期に入ります宣言が一番うれしいことばであります。

 さて、みなさんはPeachには4時間ルールがあるのをご存知ですか?

 PeachはLCCとしての戦略上、基本的には4時間以上かかる場所には飛行機を飛ばさないことにしてます。偏西風の加減もあるので、4時間前後が活動限界範囲というのが正しいかもしれません。現時点では関空< ->香港が最長となっていてその距離は約3200Kmとなっています。
 
 将来4時間ルールがどうなるかはわかりませんが、ひとまず、那覇に第二拠点を作ったのは、より西に飛行機を飛ばすための戦略です。これにより、沖縄からハノイまでは確実に飛べるようになります。また、バンコク、ホーチミンまで足を伸ばすのでは無いかとも言われています。

 そして、海外に拠点を置くことは否定していません。

 こうして、3000Kmぐらいを地図で、追いかけて行くと結構楽しくて、各駅停車の飛行機の旅、なーんてのもありなのかなぁとちょっとワクワクしちゃいます。

 そして、拠点ができるたびに求人が。今からでも遅くなから、英語の勉強しよう。

 さて、他にもPeachはいろいろな取組に挑戦してます。そのひとつが、ブランドプロモーション。さらには「パナソニックの低周波治療器の機内体験キャンペーン」と関西企業ともタイアップ。地域貢献も忘れません。

 また、記念すべき10号機の名は「wing of tohoku」に決まりました。20年以上飛び続けることでしょう。

 Peachって普通の会社が、飛行機飛ばしてる感覚なんだろうなぁ。そこがとても魅力的なんですよね。…

Continue readingPeachが大規模に人材を募集中

Peachのシートベルトチェックは確実性が高いです

Posted on by しんちゃん

 アシアナ航空が、米サンフランシスコ国際空港で起こした事故は、いろいろな展開があり、話題に事欠きません。お亡くなりになた3名の方にはお悔やみ申し上げます。

 飛行機は重力に反して飛んでる物体。事故レスになるにはそうとう先では無いかと思います。飛行機よりの安全性が高いクルマですら、未だ事故はなくなりませんね。

 そんな、厳しい状況の中、事故機であるボーイング777は1995年以来20年近くも死亡事故を出していない超優良機でした。現時点である程度の運用実績がある機材で死亡事故が発生していないはエアバスA340だけになるそうです。

 先日、ピーチの使用機材(飛行機)にエアバスA320が選ばれた理由をいろいろと調べていたところの事故だったのでちょっと衝撃でした。

 さてさて、アシアナ航空の事故ではいろいろなことが取り沙汰されていますが、こちら気になる記事がございました。

【中国ブログ】「中国人は行動改めて!」アシアナ事故で乗務員怒り

 うーん、これ、CAがシートベルトを閉めてないのを確認しているにもかかわらず、フライトしてるのはまずいのではないでしょうか。機長権限で下ろすことができます。ピーチの場合は、バックルを見せるようにCAさんが乗客一人一人に協力を要請しながら確認しつつ、機内放送で確認が出来ないと飛び立てませんよと放送を流します。

 飛び立つ時間が遅れると、ピーチは必然的に機材到着遅れで次の便は遅れて飛び立つことになります。

 以前にも書きましたが、僕は、このシートベルトのバックルを確認している時間がとても居心地がいいのです。JAL,ANA,SKYMARKといろいろな飛行機に乗ってますが、ブランケット借りてバックルが隠れてる時に、CAさん、そのまま、通り過ぎちゃうのに疑問をいだいていました。だから、ちゃんと見せろと言われたら、はい見せます。

 あと、着陸時も滑走路走行中に、バックルを外す音がしたりします。経験則ではSKYMARKが一番カチャカチャうるさいですね。僕は、早く外しても立ち上がれないので、飛行機が止まるまでは靴下を履く時間と決めています。

 CAさんと機長さんは、安全を守るための大きな権限を持っています。ピーチのように、きちんとした権利行使をしてもらえることを、また、乗客の方もCAさん、機長さんのいうことを効いてくださいね。特に、シートベルト着用サインが出てる時はCAさんも機内アナウンスでしか指示が出せません。言うこときこうね。

 今回の件がどうなっていくのかわかりません。確かに機材の外に飛び出したと報道された時、シートベルが着用されていないことは疑いました。しかし、真実はわかりませんので考えるのはあきらめました。それよりもやっぱり、CAさんの言うこときこうね。ここが大事。

 さて、引き続き、燃料事故も起きたようです。
アシアナ航空機が今度は中国で燃料漏れ事故…乗客震える=韓国

 いま、ピーチでこんな事故が起きたら、そらみろ、安いからだって言われちゃいますね。エアバスA320は死亡事故が起きてしまっていますが、パイロットエラーによるものです。

 過去8回の事故のうち、死亡事故5回はすべてヒューマンエラーと結論付けられています。残り3回の内2回は機体異常での軽症者が出ています。残り1回はバードストライク(離陸時、エンジンに鳥が巻き込まれる)で「ハドソン川の奇跡」として有名な事故です。

 バードストライクはかなり怖いです。youtubeでも映像が見れますが、パイロットには何も見えていません。異常が起きた瞬間に原因を断定できる能力は凄いと思います。エンジンは不完全炎上で火を吹いてる映像なんかもあり、凄い恐怖心が起きてきます。

 ピーチだとバードストライクでも安いからだという人も出てきちゃのかなぁとか心配しちゃいます。関空は海鳥が多く飛んでいるので心配。でも、パイロットも優秀な方が揃っていると聞くので(伝聞です)、きっと大丈夫。

 最後の方はタイトルと大きくずれちゃいましたが、シートベルトしっかりしめましょう。いい機体といい操縦士でも、バードストライクと自然には勝てませんので。

 ちなみに、サムネイルに使用しているシートベルトの写真は、SKYBELTSという、シートベルトのバックルを普通のベルトに転用したもの。…

Continue readingPeachのシートベルトチェックは確実性が高いです

もしもピーチに乗り遅れたら、チェックインの時間は厳守です

Posted on by しんちゃん

 飛ぶ鳥を落とす勢いの LCC Peach航空 は、ついに大阪と成田を結ぶ路線が就航するそうです。Peachの勢いが増すごとに、ブログのアクセスが増えてきて、同じピーチファンのためにも少しずつピーチの記事を増やしていければなと思います。

 さて、今回はLCC Peach航空に乗り遅れ場合に関してです。

 残念ながら、払い戻しはありません。別の便への振替もできません。

 1分の遅刻でも許してもらえないのが基本です。お気をつけください。バスが遅れても、許してもらえないのが基本です。お気をつけください。空港によって、門限の時間は違いますのでお気をつけください。

 関西国際空港の場合、国内線のチェックインは出発時刻の25分前まで、その他空港は30分前まで、国際線は50分前までにチェックインをして下さい。例えば、関空18時25分発の沖縄行きに乗る場合は、17時59分59秒までにチェックインを済ませて下さい。

 続いて、保安検査所にも門限があります。関空国内線は、出発時刻の20分前までに通過、その他空港は25分前までに通過、国際線は30分前までに通過となっています。Peach専用ターミナルの場合は保安検査所に並んでいれば検査の時間が過ぎていても通してくれてます。途切れたあとは恐らく無理でしょう。

 さらに、搭乗ゲートにも門限があります。国内線は20分前まで集合、国際線は25分前までに集合です。

 ピーチ利用者は2013年5月で200万人になりましたが、そのうちのごくごく少数ですが、遅刻が原因でピーチが嫌いになっちゃった人が居るようです。みなさんも、遅刻しないように気をつけてね。融通はききません。きいたら高くなっちゃいますから。

 不安があるときは、JAL,ANAを使いましょう。無用にストレスをためる必要はありません。

 ちなみに、しんちゃんの場合は、飛行機乗るなら2時間前に空港に着けと上司に指導されていたので、相当な理由が無い限り、乗り遅れることはないでしょう。

 その他、Peachの記事を書いています。ご参考になればと思います。GoodSpeed!!
 ●LCC Peach航空に6回載ったレビュー、沖縄と大阪関空を結ぶ格安航空を満喫したよ 
 ●LCC Peachの悪天候による欠航の払戻しは連絡が必要です…

Continue readingもしもピーチに乗り遅れたら、チェックインの時間は厳守です

地域に根ざすPeach航空の成功と生き残りをかけたスカイマークの失態

Posted on by しんちゃん

 2013年3月31日をもちまして、スカイマークが関空路線から撤退するすることとなりました。

 だーれ?Peach航空より高くてもスカイマークの方が良いって言ってた人は? やはり日々ニュースチェックをして、経済感覚を磨かないといけませんねぇ。良い悪いの前にもう関空から飛ばない。正直減便は沖縄への観光客減につながるので残念だが赤字で飛び続けることは出来ないので仕方がない。

Peach航空とスカイマークの搭乗率の差

 下記記事によると飛行機への搭乗率は7割程度が採算分岐点なのだが、スカイマークは月によっては4割を切る搭乗率しかなかったとか。これは厳しい。さらには「再開の見込みはほぼない」ということだ。完全否定ではないがほぼ永久に無いのは間違いないだろう。
 スカイマーク関空撤退の記事

 しかし、この記事を読んでただスカイマークが撤退したとだけを読み取ってはいけない。その奥に隠れるていることは、Peachの便数が増えていることだ。Peachは攻めます攻めれます!!

 千歳と関空を結ぶ飛行機便数は
 Peach航空:5往復
 スカイマーク:2往復

 那覇と関空を結ぶ飛行機便数は
 Peach航空:3往復
 スカイマーク:2往復

 先に動き出した千歳関空便は倍以上の便を出すまでに成長。那覇関空便もスカイマークの便数を追い抜くことに成功していたのだ。

 ちなみに、LCC全般が順調というわけではない、記事によれば、エアアジアは昨年10月から4カ月連続で搭乗率が6割を下回り、ジェットスターは昨年12月以降、搭乗率を公表していないという。公表をしないということは芳しくないということだろう。
 LCCの課題の記事

なぜ、Peach航空だけが好調なのか?

 前出の記事にも書いてはあるが、最終便の到着時刻が厳しくなると、エアアジア、ジェットスターは欠航せざるを得ないが、Peachはその点をクリアーできている部分が大きいので有利だろう。ただし、終電後に関西国際空港についた場合は、バタバタ感が尋常ではないことは付け加えておきます。
 ドタバタ劇の模様は「LCC Peachに6回乗ったレビュー、もうすぐ沖縄キャンプ」をお読み下さい。

 そして、経営効率を上げるための努力を徹底して行なっている点も大きいだろう。以前にも書いたかもしれないが、関空の第二ターミナルでは、トーイングトラクター(飛行機をバックさせるための車)が無く、飛行機自身が180度回転して出発する。これにより、トーイングトラクターの維持費も必要なく、運転手も雇わなくても良いのだ。トーイングトラクターのタイヤのお値段とか考えたくもないですね。

 あのみすぼらしいバーコードでチェックンをシステムも内製で作っているそうだし、PCなども譲り受けているらしい。この辺りが、安さを維持しつづける秘訣のようですが、世の中では、「安かろう危なかろう」という話になってしまっているのが残念なところだ。…

Continue reading地域に根ざすPeach航空の成功と生き残りをかけたスカイマークの失態

LCC Peach航空に6回載ったレビュー、沖縄と大阪関空を結ぶ格安航空を満喫したよ

Posted on by しんちゃん

載るほど載るほど、気になるLCC Peach。たくさん載って気をつけたいこと、良かったことを【とにかく安いPeach】、【どこまで自己責任】、【最終便には気をつけろ】、【座席の憂鬱】、【安かろう悪かろうではない】という6つの視点でまとめてみました。

Continue readingLCC Peach航空に6回載ったレビュー、沖縄と大阪関空を結ぶ格安航空を満喫したよ

LCC Peachの悪天候による欠航の払戻しは連絡が必要です

Posted on by しんちゃん

欠航になった時にお金は帰ってくるの?という疑問を持ったしんちゃんはちょっくらコールセンターに電話して聞いてみました。結論から言うと、Peachコンタクトセンターに電話( 0570-200-489 ‘12.10.16現在)をすれば払い戻しをしてくれるということです。欠航になった場合はとにかく電話です。

Continue readingLCC Peachの悪天候による欠航の払戻しは連絡が必要です